自リ企:Mariさん編

( ゚Д゚)<コツは知ってる。

というわけで本日はMariさん

霞鳥幻樂団の歌唱担当、ゾンビロリータとか

ぐしゃ人間の人と女子力高いお菓子食べてたりするおねーさんです。

 

ぺろんちょいたしますと

( ゚Д゚)<からめる

ぷっちんプリンの黒い所

甘みたっぷり

これ以上の説明しようが無い位、ぷっちんカラメル

 

では、Wasp nano 0.8Ω Ni80の3φ9rapで頂きます。

( ゚Д゚)<うん、ぷっちん

まぁ既に去年、一本吸ってるからね。

スィートポイントはわかってます。

 

コツとしては、焚けるセッティング、エアー開き気味で

ゆっくり、上がるミストと同じ位のゆっくりで吸い込む

今回のWasp nanoセッティングだと3.9~4.2V付近かなと

 

そして同じ位ゆっくり燻らすイメージで吐き出しますと

口の中に甘さががつーんと沸き立って

 

( ゚Д゚)<うめぇ

 

お味としては、

( ゚Д゚)<湯煎焼き仕立ての出来立てぷりん

ぺろんちょで感じたカラメル分は少しおとなしくなり

ほんのわずかにタマゴ由来風味が混じった

甘い牛乳っぽさが顔を出します。

おそらくこの辺の牛乳ぽさが、ぷっちんの本体表現。

自分の吸い込み加減で、カラメルと本体の混じり具合が変化する面白みがあります。

吐き出した後の、漂う香りが

( ゚Д゚)<牛乳ぷりん

 

喉奥に甘みがたっぷしと居座るので、甘うまお菓子としての満足感は高いです。

海外系のプリンリキッドって、本体のタマゴが効きすぎて

個人的にちょっと違和感があるので、これ位抑えていただきつつ

カラメルガツンって方が好きです。

 

このカラメル分、おいしいなぁ・・

今のこの寒さで気づきましたけど、

甘いホットミルクカラメルって手もありだなーと

 

うん、スパイシー・・・?

あーカラメルが少し尖るのか

(1年前のボトルの底から必死にかき集めながら

 

 

Mariさん、ゴチでした。

シールもありがとうございました。