GUS:Phenomenon Zest V2.2

( ゚д゚)<宝くじバンザイ

というわけで思ったよりも早く
ブログタイトルのZ伏線回収

要するにゼストが欲しかってん。

以下、要約すると、うれしいとしか言ってないので
書いて有ることは端折って良いネタ記事です。

2015年頃、ハイエンドと言えば僕の中ではガス
「いつかはガスモッド」が魂に刻まれていたわけです。

2019年現在、その熱は未だ衰えず
あの日の少年の思い(当時38歳位)が宝くじによって結実しました。

( ゚д゚)<宝くじバンザイ(3000円が3万円になりました。

今回は、ロードに合わせて、ポリッシュを選択しました
( ゚д゚)<今回?

ほら、美しい。
もう完璧だね。

数年前のアトマなので
現在の主流とはちょっと外れてる感がありますが
基本エアー全開でも重めなMTLタンクです。
構造自体は、おケイファン様と似たような感じですが

おケイファンが、タンク部分を上下パーツでネジ止めサンドイッチするのに対して
こちらフェノミノンは下部のネジだけが固定、上部の赤いゴム側はリングで塞ぐだけです。

デッキはこんな感じです。


割りとネジがでっかいので下げすぎるとショートしそうなので

あの時代に習って、28G2mm径、9巻で1,5Ω付近を狙いました。

使い指しですが
やっぱりコットンが膨らむので
それを加味して、少なめで下にギリ設置するくらいの長さセッティング


チムニーを下まできっちり締めてもきちんと供給します。

トップフィル出来ます。
リキッドが供給孔を塞いでる程度に残っていれば
途中でのチャージでも漏れはないです。(今のところ
逆に言うと、完全に締めきれない部分があるわけでチャージの時だけ気をつければ良いのかなと

リングを被せて完成です。

一応サブオームとか色々試してみたんですが
僕の憧れ時代的な先入観で、やっぱり1.5Ω辺りで、MTLでちゅーっと行くのが楽しいです。

あと

( ゚д゚)<素グリがうまいアトマに間違いはない

素グリで試すと、やっぱり濃い味をニュルンと出してくれるアトマです。
孔が6つ空きですが、フルオープンで軽めのMTL程度の重さ
グッと吸うと比例して味が濃くなる感覚
具体的には甘みの増減が吸引力に反応する面白さ

そして、ミストを口で貯めると、転がせる感覚を伴った纏まり方をしてくれます。
これがよく言われるシルキーさなのかな?と思います。
ビロードのような舌触りにちゃんと存在感のある重みミストが、のたーんと居座ってくれます。
細く吐き出すとにゅるーんと繋がった感覚で送り出されていきます。

そして

( ゚д゚)<タバコ系がアホみたいにうまい

そうゆうアトマです。
1,5Ω時代的リキッドが妙にうまいです。
さすがあの時代の最高峰(いめーじです。正直今も余裕で通じてる

今回の1,5Ω付近だと
カスタード系はちょっと薄めないと味が鉄味になりました(濃すぎ問題
あと、ちょっとフルーツには向かない・・・(濃すぎ問題
サブオームで組むとドリチが熱々になりました(熱々問題、要研究

そんな感じですが、とりあえず

( ゚д゚)<我がガスモッドが完璧になりました(うれしい

大体1日10分は

( ゚д゚)<きれいだなぁきれいだなぁ

ってあっちの世界に行ってます