now solutions : VG

( ゚д゚)<素グリ

この業界?大元のVGも色々あるわけで
未だ見ぬEUのグリだったり、ご近所小手指のグリだったり
そんな中で割りと好評っぽいiHarbのグリに手を出してみました。

この2ヶ月程はこれをあーでもないこーでもないと弄ってました。
僕の中のグリの基準が、ファンタジーグリセリンなんですね。
もう4年以上これベースで作ってました。
混合比とか細かく対応してるし、アマゾン一発だわで楽なんですよね。
でもまぁ海外のグリって違うのかなーと興味本位

海外のメーカーリキッド吸うと
( ゚д゚)<ん?
って、ベースのグリ時点でなんか違うなーと思う時がありまして

グリセリンって結構、特濃な甘みがいまして
喉奥に残る甘みとコクががっつんとくる感じなんですが
そういったグリの個性が妙に消えてて香料がぐーんと押し出されてるのがあって

( ゚д゚)<グリ自体の原料差かな?

って、いつかは試したかったわけです。

いつも通り、VG:PGで10:0、7:3あたりで素でぷかっと
こちらのnow、ファンタに比べると甘みがおとなしい感じです。
喉奥に残るガツンみが薄いしおとなしい。
甘みのコクもおとなしめ。

ファンタジーだとパームヤシ比率が高そう、純度?
濃縮された上砂糖の風味とコクが喉に直撃するイメージなんですが

nowは、原料見ると、パームとグレープシード、ココナッツオイルって書いてあるので
この時点でブレンデットなグリセリンで、パーム甘みがだいぶ散らされてる気がします。
(イメージです、ほんとにパーム甘みかは不明

素グリに近い状態や単品だとファンタジーに手が伸びますが
香料複雑系や、スティープ前提だとこちらのnowの方が甘みの着地点が読みやすいかなーと思います。

まぁいざとなれば僕らにはビターウィザードがありますが。

あとこのボトルキャップ

割りと便利です。

試作用の小さいボトルにもちゃんと注げつつ
液ダレしないのとキレが良いので、狙った量にスパッと行ける
試作スピードは上がった気がします。