SvoёMesto Kayfun mini V3

( ゚Д゚)<いまさらの

せっかくサーバー借りたわけだし

目次?カテゴリを充実させる為

手持ちのものを

( ゚Д゚)<棚卸し!

と言い張りつつ再度書いていこうかなと。

前のブログからネタ吸い出す事も考えたけど

ワードプレスの練習に、数書こうと。

 

というわけで、若干独特な味の出方のする

おケイファン様のミニV3です。

結論から書くと、おいしいです。

買ってから1年数ヶ月、ほぼ毎日持ち歩いてます、超愛用してます。

 

1Ωから1.5Ω付近でググッと味を濃縮して引っ張り出してくれます。

28ゲージ2.5mm軸で、5から7ラップ位のをクルクルポンと置くだけです

ドローは色々変えられますがちょっとだけ作業が必要です。

 

ビルドやコットンワークなんかは色んな人が書いてるので

続きはウェブで(丸投げ

 

今回は洗う時とドロー周りを中心に

デッキですね

下から見るとこんな感じ

コンタクトピンを外すとここまで分解できるんですが

ドローの調整はここの芋ネジをマイナスドライバーでくるくるしないといけません。

気になってたのは矢印部分、このピン抜くのどないすんねん?

ホームセンター行ったら、それっぽいのがあったので700円位で購入

正式名称がわからないけど、ソケットレンチ?クロスレンチ?辺りで出てきます。

要するに六角の凹ってるタイプです。

0.5mmの所でぴったりでした。

これでくるくるーっとすると

ここまでばらせます。

エアホールから漏れちゃったりしたら、ここを洗いたくなるのが人情なわけです。

クロスレンチあれば、寄りおケイファン様を愛せます。

( ゚Д゚)<うふふ、今日も綺麗になったざます。

的な偏愛

 

もう一つの利点としては

目視でドロー基準を決められる事

一度ベストなドローを見つけたら分解

穴を見て芋ネジの出っ張り具合見れば、次回洗浄時から

目視でベストドローを引き出せるわけです。

 

んで、くるくるぽんっと組みます

長さ目安は、外側に這わせた時、外周のOリング付近で大体OK

固すぎず、緩すぎずな量が理想、どーせ膨らむし

適量コットンならこれ位膨らんで、エアーを逃がさない状態になってくれます。

 

 

( ゚Д゚)<おいちい

 

となるわけです。

独特の世界観で、19mmの大成功例だと思うので

経験して損は無いアトマだと思います。

 

あと以前、切削加工の教授に見せた所、見事と言ってました。

見る人が見たら、これで1万何ぼはお買い得な精度らしいです。

マニアの意見なので一般に通用するかはわかりません。

ネジフェチの人の意見です。やはりドイツ人かぐぬぬって言ってました。

コメントは閉じられましたが、トラックバックとピンバックは受付けます。